スポーツトレーナーとは

入学者が留年せず卒業し、ストレートでの国家試験合格率が No.1

スポーツ選手の身体をサポートする
エキスパート

スポーツトレーナーがカバーする領域は極めて広いため、担当する選手や所属先によっては役割が細分化されることもありますが、その仕事を一言でいうと、「選手の運動能力を高めるため、そしてケガをしにくい身体をつくるためのトレーニング計画と指導」と言えるでしょう。
選手の健康管理、栄養面のサポートから、筋力トレーニング、ストレッチングの指導、練習や試合中のケガに対する応急処置、また、テーピングなどを使ってケガの予防をしたり、故障時の機能回復やケガの再発を防ぐためのアスレティックリハビリテーションを行うこともスポーツトレーナーの重要な仕事です。
 また、スポーツトレーナーは、選手の最も身近で苦楽を共にし、一個人としての“人生”や“夢”を支える大切なパートナーでもあります。選手としっかりとコミュニケーションを取り、信頼される人柄であることも重要な要素です。

スポーツトレーナーの仕事内容

  • ・ウォーミングアップ、クールダウンの指導
  • ・怪我人の対応、管理
  • ・テーピング
  • ・リハビリ
  • ・トレーニングの指導
  • ・体力測定
  • ・栄養指導  etc

入学者が留年せず卒業し、ストレートでの国家試験合格率が No.1

大きな感動や喜びを感じられる

勝負の世界に身を置くシビアな仕事だからこそ、記録が伸びた時、
ゲームで勝った時など、他にはない大きな喜びや感動を味わえる仕事です。

トップアスリートや一流のチームと
仕事ができる可能性も

日常生活動作(食事、排泄、入浴、更衣、家事動作等)を中心に、評価・訓練を行う。

運動や健康管理の知識が身につく

言語機能(話す、聴く、理解する等)、嚥下機能(咬む、飲み込む等)を中心に、評価・訓練を行う。
以上、リハビリ3種類が揃っていることで様々な症状に対応できるとともにひとりひとりの利用者様に、それぞれの専門的な視点から協働してプログラムを立案している。

トレーナーの種類

トレーナーには明確な定義はありませんが、勉強や経験する方向性によって将来像が変わってきます。自分がどの様なトレーナーになりたいかを知っておくためにも、以下を参考にしてみてください!

トレーナーの種類

トレーナーの種類

A. メディカルトレーナー
医学知識を基に、選手が怪我の治療を終えたあともスムーズにスポーツの世界へ復帰できるようサポートする。怪我で休んでいる間の患部以外のトレーニングも含む。
B. アスレチックトレーナー
スポーツの現場において、怪我人の傷害を評価し、応急手当(アイシング、テーピング、止血)や救急搬送等、対応の判断を行う。スポーツチームに所属する場合、選手の体調管理や練習量の調節などを行うこともある。
C. フィットネストレーナー
スポーツジムやフィットネスクラブなどの施設で、メタボ患者のダイエット、基礎体力づくり、高齢者の健康づくり等、個人のニーズに合わせた運動指導を提供する。
D. ストレングストレーナー
筋力トレーニングをはじめとし、瞬発力や持久力なども含めた運動パフォーマンスを向上させるため、様々なトレーニングを指導する。
E. 機能訓練士
主に介護施設を中心に高齢者のリハビリを行う。心身の状態・ご家族の意向も踏まえながら、自分で生活できる能力を保てるように訓練を計画から指導までを担う。
F. ケアマネージャー
適切な介護サービスを継続的に受けられるよう、自治体や各事業者との連絡・調整、施設内の管理やプラン作成を行う。信頼されるコミュニケーション能力も必要。
G. 接骨院開業
骨・関節・筋肉・などの外傷性疾患を診療・判断し、的確な施術を行う。医療や介護等、スポーツ現場になくてはならない分野。開業後は実力次第で収入アップ。
H. 整形外科勤務
頸椎・胸腰椎を中心に体幹から、指・足の先まで、様々な部位の疾患・怪我を診療。対象者は新生児から高齢者までと幅広いことが特徴。安定した収入が見込める。