スポーツトレーナーとは

スポーツトレーナーの仕事

スポーツ選手の身体をサポートする
エキスパート

 スポーツトレーナーがカバーする領域は極めて広いため、担当する選手や所属先によっては役割が細分化されることもありますが、その仕事を一言でいうと、「選手の運動能力を高めるため、そしてケガをしにくい身体をつくるためのトレーニング計画と指導」と言えるでしょう。
選手の健康管理、栄養面のサポートから、筋力トレーニング、ストレッチングの指導、練習や試合中のケガに対する応急処置、また、テーピングなどを使ってケガの予防をしたり、故障時の機能回復やケガの再発を防ぐためのアスレティックリハビリテーションを行うこともスポーツトレーナーの重要な仕事です。
 また、スポーツトレーナーは、選手の最も身近で苦楽を共にし、一個人としての“人生”や“夢”を支える大切なパートナーでもあります。選手としっかりとコミュニケーションを取り、信頼される人柄であることも重要な要素です。

スポーツトレーナーの魅力

自分の身体一つで闘うスポーツ選手にとって、身体は資本、命です。
そしてスポーツトレーナーは、そんな選手の身体を預かるという、とても重要な役割を担っている仕事です。

大きな感動や喜びを感じられる

勝負の世界に身を置くシビアな仕事だからこそ、記録が伸びた時、
ゲームで勝った時など、他にはない大きな喜びや感動を味わえる仕事です。

トップアスリートや一流のチームと
仕事ができる可能性も

一流の選手やチームこそ、優秀なスポーツトレーナーを必要としています。
経験や実績によっては、トップアスリートのトレーナーになれる可能性もあります。

運動や健康管理の知識が身につく

身体機能やトレーニングの仕方など幅広い専門知識を身につけることができ、
日常生活や自分自身にも応用できることがたくさんあります。

スポーツトレーナーの将来展望

さまざまな場での活躍が期待されています

 プロ・アマチュア、実業団のスポーツチームや選手との専属契約が本来の活躍フィールドでしたが、現在は健康に対する意識の高まりや高齢化社会の影響から、一般向けのフィットネスクラブやスポーツジム、また、病院や学校、福祉施設といった場所でのニーズも高まっています。
 スポーツトレーナーの活躍フィールドは今後ますます拡大していくことが期待されています。