NEWS

2009年12月20日

12月20日、第16回卒後研修会が開催されました。

去る12月20日(日)に、東京都柔道接骨師会会長の工藤鉄男先生、帝京平成大学教授の木村都優司先生をお呼びして卒後研修会を実施しました。
工藤先生からは「社会保障制度の中での柔道整復師の役割‐柔整業界の現状について」のお話をいただき、過去社会保障制度ができた当時から現在の仕組みにおいてまで非常に内容の濃いお話をいただきました。また、木村先生からは「腰痛についてそのⅤ」・椎間板ヘルニアについてのMRI、CT画像と治療・サラシ半反2本における治療法のお話をいただき、MRIの画像を見ながらのお話や実際、実技でわかりやすく説明いただき、臨床ですぐに使えるお話をいただきました。 当日は30名近くの先生が集まり、活発な会となり、先生方も非常に勉強になったとのお話をいただきました。

  • 工藤先生のお話 工藤先生のお話
  • 30名近くの先生方が集まりました。30名近くの先生方が集まりました。
  • 木村先生のお話木村先生のお話
  • 実技もわかりやすく説明いただきました。実技もわかりやすく説明いただきました。